呉将棋愛好会・道場

席主紹介

道場草創期から、席主を務めた谷本誠一四段の叔父に当たる下兼正2級。谷本が中学時代に将棋を教わったこともある。

左から2番目の人物

元中国素人名人の兼森政行五段、開設当初から席主と師範を務める。

日本将棋連盟公認将棋普及指導員の瀨戸正義三段

ベテランの渡辺順吉三段、セーラー万年筆在職中は団体戦でならした。

詰将棋作家で、高校将棋部顧問をも務めた中島清志三段

広高校将棋部創立者の西本剛徳6級

在日外国人への普及ボランティアも務めた三原末広初段

「早石田」で鋭い指し口が信条の徳永孝雄初段

定跡の勉強を怠らない大ベテランの柴崎政志四段

【これより現在の席主の方々です】

月例会最多優勝と連勝優勝記録保持者の瀬川達也三段

深浦康市九段似の中本浩二段(日本将棋連盟呉愛好会支部長)

研究熱心で積極的な宮川秀雄二段(日本将棋連盟呉将棋愛好会支部幹事)